LIFEsize WEBSHOP

2017-02-27

【出産チョコっとブログ第7回】出生届はLA LA LAND!〜アカデミー賞を見ながら書いてます〜

え。ジャッキーチェンでてるじゃん。
え。マイケルJフォックスじゃん!
ニコールキッドマンなんか、なんかすごくない?

エブリワン・ウインズアットオスカー(福袋)の中身よ
ララランド見たいぞ!
ムーンライト見たいゾォ!!!



※今回の題名は本文と全く関係ありません







【出生届】

出生届は14日以内に提出する

これがなかなか厄介

退院して家でゆっくりしていたら2週間などあっという間だ
それと生まれて間もない子を連れて地区センターやら区役所やらに行くのは
どんなものか

物理的に旦那さんが行くことになる
だが旦那さんが区役所の営業時間に行けるかは難しい

シングルマザーなら?自分で行くしかない

うーん、これからは役所の人が取りに来てくれる制度を作って欲しいものだ

-----------------------------------------------

日本人は名前の漢字を口頭で聞かれることが多々ある

私は美香なので「美しい香りです」と こっぱずかしく伝えている
だが
とても伝わりやすい

これは二文字が文章になっているからだ

そんなノリで3姉妹とも名前が付いている

長女
美海ミチル(当て字)
「美しい海」
由来:大潮の満潮に生まれた

次女
美空ミヒロ(当て字)
「美しい空」
由来:退院日が空が高い快晴だった

三女
美森ミモリ(素直に読める)
「美しい森」
由来:海、空ときたので陸系で選んだ
(苗字っぽさも松尾スズキみたいで気に入っている)


こう名前をならべてみると
何とも3人の成長が楽しみである









【生後14日】
昨日から腰や骨盤の痛みが
緩和されているのに気がつく

同じ体勢で20分近くいた時は
すぐには動き出せないが、動き出した時に伴う違和感や痛みがあまりない

これは出産1日目から神のように信じている「骨盤ベルト」のおかげだろう

そして、驚くことに既に体重が元に戻ったのだ
マックスで9.5キロ増から2週間でプラマイゼロに戻っていた

自宅の体重計なのでまだ半信半疑だがそんなに誤差はないはずだ
来る1ヶ月検診で正確に測ってみよう
退院からチョコレートを食べまくっているのに不思議だ

毎日1リットル以上飲んでいるルイボスティーのおかげかな

ルイボスティーは西松屋で買ったカフェインゼロを飲んでいる

とにかく喉が乾くが、冷たいものはよくないので
手軽に飲めるティーパックで、朝水筒に1日分を作って飲んでいる

それと、便秘にならないように妊娠中に処方してもらった便秘薬の残りや
乳製品を意識的にとっている

おかげで2日に一度は催している


〜あとがき〜
生後2か月経った今、体重がどんどん増えている
妊娠中のつわりの反動からか飯が美味い
そしてビールが美味い
まぎれもない産後太りである

今は許して。







【生後21日目】
昨日は昼間2時間に一度泣いて起き、ミルクを欲しがった

夜も2時間に一度なので私の目は腫れ上がり顔はむくみまくり


今回の妊娠は周りに妊婦が本当に多く、友達だけでも5人いた

ワイドショーでやっている芸能人の出産ニュースも多かった

1ヶ月前に産んだ友達はどうしているか気になって
LINEでもしてみるかと思っていたら
向こうから連絡が来た

早くも2か月で抱っこ魔に変身したとの恐ろしい報告をもらった

確かに、うちも3週間で抱っこ魔に変身しそうな気配がある

抱き癖と云う迷信があるが、これは本当だろうか

泣くたびに「抱き癖がついたらしんどいなぁ」と思いながら
ついつい抱っこしてしまう

そして友達も2時間おきの授乳に少々くたびれている様子

なので多めにミルクを飲ませてぐっすり寝かせる作戦に出ているらしい

なるほど

病院の指導や育児書には
月齢に応じたミルクの量が細かくかいてあるが
その赤ちゃんによっては飲める量が違うので
すぐにまたミルクを欲しがるのであれば
少し多めに与えても問題ないだろう




20ml増やしてみた





4時間寝た





よし!




小さなことでも悩んだ時に
気軽にLINEできる「月齢がほぼ変わらない友達が」いるのは幸運だ



赤ちゃんは生まれて1歳になるまでにとてつもない成長を遂げる

なんせ3000g前後で生まれた真っ赤なお猿さんみたいな哺乳類が
12ヶ月経つと
二足歩行をするのだ

人間の人生の中で一番進化する
生命力も半端ない


同い年の赤ちゃんでも半年月齢が違えば、生き物が違うくらい違う

サイズも、できることも、育児の仕方も、必要なものも違う
月齢がほぼ同じママさんの意見は貴重だ


もちろん、同い年の赤ちゃんのママや
子育て経験のある人への相談も
心強いのは言うまでもない


何か不安があれば
迷惑かなーと思う距離感の人でも
どんどん聞いてみて欲しい


ちなみに
私への育児相談は
ほぼ為にならないのでお勧めしません!

かしこ



【出産チョコっとブログ第1回】 無痛分娩したったー!(前半) http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html

【出産チョコっとブログ第3回】 無痛分娩したったー!(後半) http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/3.html

【出産チョコっとブログ第2回】 妊娠と育児に背中を押された私の夢 http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/2.html

【出産チョコっとブログ第4回】 入院食はホテル並み http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/4.html

【出産チョコっとブログ第5回】家族を超えてゆけ 一人を超えてゆけ http://tees-d.blogspot.jp/2017/02/5.html

【出産チョコっとブログ第6回】産後とかおっぱいとかおっぱいの話 http://tees-d.blogspot.jp/2017/02/5.html



【出産チョコっとブログ第7回】出生届はララランド!〜アカデミー賞を見ながら書いてます〜 http://tees-d.blogspot.jp/2017/02/714.html



2017-02-07

【出産チョコっとブログ第6回】産後とかおっぱいとかおっぱいの話


【産後】
36歳、退院後の無理は禁物。

ついつい上の子たちの事や家事に手が出てしまうのは主婦歴12年の性だが
ここは迷惑なほど甘えようと決めている

今後の自分の体を労るのに無理は厳禁だ

だが、長女の小学校PTA仕事が容赦なく舞い込んでくる
他の人よりもうちの登校班の転入転出が多く(人数がバカみたいに多い)
次期役員の決定などで
年末年始にも関わらず、妊娠中入院中にも関わらずメールで飛んでくる
送っている役員さんには罪はないが、返信は速攻タイプの私には
いてもたってもいられない

ここはぐっとこらえて、無視を決め込んでいる

私のようなタイプがうつ病に罹りやすいんだろうなといつも思う
返信が早い人ほど、相手を気遣い自分が疲れてしまう
その点、うちの姉は他人の目など気にせずにマイペースに役員の仕事やPTA、部活の係などをこなすので見習いたい

妊娠から退院後の生活までありとあらゆる場面で自分の内側と対話せざるを得ず
葛藤と修行の連続だ




【おっぱい】
入院3日目。腫れ上がっていたい。そしてカッチカチに硬い
けど今回は母乳にしたい
母乳は誰しもすぐに出るわけではない
赤ちゃんと協力してマンツーマンで練習したり、乳首を引っ張って赤ちゃんが飲めるようにしたり、乳房をマッサージしたり
出産後の張りまくる激痛を我慢してようやく飲めるようになる

おっぱいを母乳に育てないと使えないのだ


幸い、今回の赤ちゃんは飲みっぷりがいい上に吸い付きがすごいのですでに
飲めるような母乳になってきた
しかし今度は飲めているので乳首が裂けていたい。。。
保護器を使っているが痛い。。。。

出産から2週間
おかげさまで母乳もあまり出ず、赤ちゃんが泣きわめく。毎度のこと
今回は母乳だけで行きたいが、今の所粉ミルクと混合
まあそのうちめんどくさくなって私の根負けかもしくは
シャーシャーと母乳が出始めて母乳マシーンに変貌するかどちらか
母乳一本で行きたい理由はただ一つ
出先での調乳が面倒(お湯持ってったり、哺乳瓶粉ミルクなど持ち物がとてつもなく増える)だから
母乳だったらどこでも、オッパイ一つで解決。なんて楽なの
しかも、自分の身体的にもダイエット効果(科学的根拠は知らない)や子宮の早期回復(科学的根拠は知らない)
などいいことづくし
デメリットと言えばお酒が飲めない。。。

しかし粉ミルクだと私以外でもミルクをあげられるという
壮大なメリットもある。
しかも、ウチのようにミルクをあげられる人が二人もいるので
私が夕飯を作ってようがお風呂に入ってようがトイレに篭ってようが
赤ちゃんのミルク欲しい欲しい泣きにはすぐに対応できるのだ

うーんこれはどちらも捨て難い
なので私の母乳の出方次第でどちらも使える状況ができたらベストだ
と毎回励むのだが、私の母乳は相当頑張らないと出ないので
1~2か月で母から断念してしまうのが前例である

今回こそは。。。!
(母乳は赤ちゃんが泣いたりするとキューーーッと乳首から自然に母乳がしたたれ落ちる。なんとも人間らしい生理現象。
そしてチュパチュパと吸われている感触がなんとも幸せな気分になるのだ。)


生後49日
すっかり粉ミルクベビーである
上の2人とも2ヶ月になる頃には粉ミルクベビーになっていたので
健康上なんの問題もない
母乳をやめた今、平常通りのサイジングに戻り
もうじき月のものも何くわぬ顔をして
再開(再会)するであろう




【夜泣き】
幸い、今回の子は3時間きっちり寝てくれるので助かっている
しかもお腹が空いて泣き始め、がっつり飲ませるとすぐに眠りにつくいい子ちゃん
昨日の夜中も腹一杯ミルクを飲み、すやすやと眠りにつこうとしている姿を見て
スーーっと涙がこぼれ落ちた。
出産後はホルモンのバランスから泣きやすくなるらしいが(ママが)
そういった部類ではない母性の部分で泣いてしまったように感じる
ちょうどスマホからベックのモーニングが流れていた




【出産チョコっとブログ第1回】 無痛分娩したったー!(前半) http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html

【出産チョコっとブログ第3回】 無痛分娩したったー!(後半) http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/3.html

【出産チョコっとブログ第2回】 妊娠と育児に背中を押された私の夢 http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/2.html

【出産チョコっとブログ第4回】 入院食はホテル並み http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/4.html


【出産チョコっとブログ第5回】家族を超えてゆけ 一人を超えてゆけ http://tees-d.blogspot.jp/2017/02/5.html



2017-02-02

【出産チョコっとブログ第5回】家族を超えてゆけ 一人を超えてゆけ

今回の妊娠で体調が悪かった私は
家族の支えなしでは乗り切れなかった


主人と私の関係は年々良くなり
気持ちの支え方も年を重ねるたびに
お互いに上手になってきているように感じる

そもそも付き合った期間がほぼなく
付き合ってすぐに長女を授かり
妊婦であったので
デートやワクワク、ラブラブな思い出がほぼない

どうして結婚したのかは
でき婚だからといえばそれまでだけど
どうにもしっくり来て、この人だろうと思ったのだ
(主人に確認はしていない)

なので事実上、結婚生活でお互いを理解する事となった

喧嘩をし、仲直りする方法も
どちらかが落ち込んだ時の対処法(主人はあまり落ち込まないが)も
何もかもが結婚生活で見出してきたわけで

昔の仕事仲間にご教授いただいた「夫婦の関係性は結婚10年でようやく作り上げられた」は
まさに私たちも一緒だった

こんな感じで私たちの夫婦の関係性は
毎年毎年良い方向に構築されてきていた

そんな矢先の3回目の妊娠では
主人はとにかく前向きで率先して家事をしてくれ
さらには私の体調の気遣いもしてくれた

特に
入院中の主人の活躍ぶりは凄まじく
上の子二人の世話と家事をほぼ全て賄ってくれていた

そんな時に限って仕事がガンガン入り
1度弱音っぽい電話を入院中にいただいた


夜、家を空けなければならない仕事が入り
数時間、子供二人で過ごさなければいけない日があった

と言ってもいつも寝ている時間の外出なので
私は大丈夫だろうと思ったし(アメリカでは違法)長女は小学6年生
下は4歳。二人で協力すれば普段通りに過ごせるはず

本人たちも特に不安には思っておらず、大丈夫だよと嬉しそうに言っていた
(多分好きなことができるから)
だが、主人の不安は大きく、しかも困難な仕事内容でもあったようだし
家事にも追われているしで
家を出る際に長女のマイペースぶりを叱りつけてしまったようだ

そんな報告を電話でもらった際に
あぁこの人も父親として壁を越えようとしている
と感じた


子供達も
今回の出産で各々の成長を垣間見た

下の子は、お姉ちゃんになる自覚からか
入院中にくれた電話の口調が
急におねさんぽくなった
実際、毎日病院に来てくれるたびに身長が伸びている気がした
(いやマジで)
しかし、葛藤や不安もあるようで、電話をなかなか切ってくれなかった


長女に関しては、日頃少しずつ彼女の気が向いた時に
私が料理を仕込んでいたわけだが
今回は率先して朝食、夕食を作ってくれ、楽しそうにLINEで報告してくれた
期待しすぎは厳禁だが、どうにか自分から今後も動いてくれたら嬉しい



今回の家族の成長と団結、優しさはピカイチで本当に助かった

こうして困難にぶつかると
家族のありがたみの輪郭がハッキリと浮かんでくる


普段は。。。。。。。うーん

まぁそれが家族である



〜あとがき〜
第1回からのこのブログを読み返すと
自分が思うがままに生きてきたと公言しているような
ブログになっていると気がついた

先日友達に
「ミカちゃんはナチョラリストだよ!この調子で4人目行こう!」
と言われた

私は土屋アンナ並みにナチョラリストだ!!



【出産チョコっとブログ第1回】 無痛分娩したったー!(前半) http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html

【出産チョコっとブログ第3回】 無痛分娩したったー!(後半) http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/3.html

【出産チョコっとブログ第2回】 妊娠と育児に背中を押された私の夢 http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/2.html

【出産チョコっとブログ第4回】 入院食はホテル並み http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/4.html




2017-01-24

【出産チョコっとブログ第4回】 入院食はホテル並み

今回の病院を選んだ理由は
何を隠そう「無痛分娩できるから」だが
ここの病院のごはんが
ホテル並みに美味しいと自社のサイトにも書かれていたし
口コミサイトにもたくさん書かれていたので
楽しみにしていました

なので入院患者とは思えない意気込みで
全食シューティングしてやりましたよ!!

そもそも病人じゃないのでメニューにあまり気をつかうこともない。
という産科ならではのサービスの一環であるようです
(上から目線)

ではどうぞ!


入院当日の夕飯
(まだ産んでいません)








出産当日のおやつ
(産んで30分後くらい。分娩台で食べました)




出産日の夕飯
(4時間後くらい)








入院2日目朝食




入院2日目昼食
(私的ランキング2位)



入院2日目おやつ




入院2日目夕食






入院3日目朝食



入院3日目昼食



入院3日目おやつ




入院3日目夕食







入院4日目朝食





入院4日目昼食
(私的ランキング3位)





















入院4日目夕食
お祝い御膳
(私的ランキング1位)

2名分のフレンチコース料理
子供達のお料理も追加オーダーできて
家族4人でゆっくりお食事
(追加分有料)

とても美味でございました






入院5日目朝食
(退院当日。クリスマスイブ)




毎日毎回美味しいお料理が振舞われて
幸せなお食事タイムでした
ボリュームもありました
写真が下手で1/3くらいしか伝わらないのが悲しい
退院してからも「今日の朝食は何かな〜」なんて考えちゃいました

シェフ、ごちそうさまでした
(上から目線)





〜おまけ

クリスマスウィークだったので
お小水コップもこんなに可愛かった❤︎
おしっこ入れるの申し訳ないわぁ



【出産チョコっとブログ第1回】 無痛分娩したったー!(前半) http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html

【出産チョコっとブログ第3回】 無痛分娩したったー!(後半) http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/3.html

【出産チョコっとブログ第2回】 妊娠と育児に背中を押された私の夢 http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/2.html

【出産チョコっとブログ第5回】家族を超えてゆけ 一人を超えてゆけ http://tees-d.blogspot.jp/2017/02/5.html