LIFEsize WEBSHOP

2017-02-07

【出産チョコっとブログ第6回】産後とかおっぱいとかおっぱいの話


【産後】
36歳、退院後の無理は禁物。

ついつい上の子たちの事や家事に手が出てしまうのは主婦歴12年の性だが
ここは迷惑なほど甘えようと決めている

今後の自分の体を労るのに無理は厳禁だ

だが、長女の小学校PTA仕事が容赦なく舞い込んでくる
他の人よりもうちの登校班の転入転出が多く(人数がバカみたいに多い)
次期役員の決定などで
年末年始にも関わらず、妊娠中入院中にも関わらずメールで飛んでくる
送っている役員さんには罪はないが、返信は速攻タイプの私には
いてもたってもいられない

ここはぐっとこらえて、無視を決め込んでいる

私のようなタイプがうつ病に罹りやすいんだろうなといつも思う
返信が早い人ほど、相手を気遣い自分が疲れてしまう
その点、うちの姉は他人の目など気にせずにマイペースに役員の仕事やPTA、部活の係などをこなすので見習いたい

妊娠から退院後の生活までありとあらゆる場面で自分の内側と対話せざるを得ず
葛藤と修行の連続だ




【おっぱい】
入院3日目。腫れ上がっていたい。そしてカッチカチに硬い
けど今回は母乳にしたい
母乳は誰しもすぐに出るわけではない
赤ちゃんと協力してマンツーマンで練習したり、乳首を引っ張って赤ちゃんが飲めるようにしたり、乳房をマッサージしたり
出産後の張りまくる激痛を我慢してようやく飲めるようになる

おっぱいを母乳に育てないと使えないのだ


幸い、今回の赤ちゃんは飲みっぷりがいい上に吸い付きがすごいのですでに
飲めるような母乳になってきた
しかし今度は飲めているので乳首が裂けていたい。。。
保護器を使っているが痛い。。。。

出産から2週間
おかげさまで母乳もあまり出ず、赤ちゃんが泣きわめく。毎度のこと
今回は母乳だけで行きたいが、今の所粉ミルクと混合
まあそのうちめんどくさくなって私の根負けかもしくは
シャーシャーと母乳が出始めて母乳マシーンに変貌するかどちらか
母乳一本で行きたい理由はただ一つ
出先での調乳が面倒(お湯持ってったり、哺乳瓶粉ミルクなど持ち物がとてつもなく増える)だから
母乳だったらどこでも、オッパイ一つで解決。なんて楽なの
しかも、自分の身体的にもダイエット効果(科学的根拠は知らない)や子宮の早期回復(科学的根拠は知らない)
などいいことづくし
デメリットと言えばお酒が飲めない。。。

しかし粉ミルクだと私以外でもミルクをあげられるという
壮大なメリットもある。
しかも、ウチのようにミルクをあげられる人が二人もいるので
私が夕飯を作ってようがお風呂に入ってようがトイレに篭ってようが
赤ちゃんのミルク欲しい欲しい泣きにはすぐに対応できるのだ

うーんこれはどちらも捨て難い
なので私の母乳の出方次第でどちらも使える状況ができたらベストだ
と毎回励むのだが、私の母乳は相当頑張らないと出ないので
1~2か月で母から断念してしまうのが前例である

今回こそは。。。!
(母乳は赤ちゃんが泣いたりするとキューーーッと乳首から自然に母乳がしたたれ落ちる。なんとも人間らしい生理現象。
そしてチュパチュパと吸われている感触がなんとも幸せな気分になるのだ。)


生後49日
すっかり粉ミルクベビーである
上の2人とも2ヶ月になる頃には粉ミルクベビーになっていたので
健康上なんの問題もない
母乳をやめた今、平常通りのサイジングに戻り
もうじき月のものも何くわぬ顔をして
再開(再会)するであろう




【夜泣き】
幸い、今回の子は3時間きっちり寝てくれるので助かっている
しかもお腹が空いて泣き始め、がっつり飲ませるとすぐに眠りにつくいい子ちゃん
昨日の夜中も腹一杯ミルクを飲み、すやすやと眠りにつこうとしている姿を見て
スーーっと涙がこぼれ落ちた。
出産後はホルモンのバランスから泣きやすくなるらしいが(ママが)
そういった部類ではない母性の部分で泣いてしまったように感じる
ちょうどスマホからベックのモーニングが流れていた




【出産チョコっとブログ第1回】 無痛分娩したったー!(前半) http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html

【出産チョコっとブログ第3回】 無痛分娩したったー!(後半) http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/3.html

【出産チョコっとブログ第2回】 妊娠と育児に背中を押された私の夢 http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/2.html

【出産チョコっとブログ第4回】 入院食はホテル並み http://tees-d.blogspot.jp/2017/01/4.html


【出産チョコっとブログ第5回】家族を超えてゆけ 一人を超えてゆけ http://tees-d.blogspot.jp/2017/02/5.html



0 件のコメント: