LIFEsize WEBSHOP

2017-12-22

【主婦のNYひとり旅行記・第7回】NY寫眞館 -Happy Holidays-

NY寫眞館

Happy Holidays
























※出産ちょこっとブログ第1回〜9回まで過去記事にて読めますので
ぜひお時間がありましたら暇つぶしに読んでくださいませ


Instagram lifesize_mika

online shop lifesize.thebase.in





【主婦のNYひとり旅行記・第6回】一方その頃東京では。

この旅が急に決まったのは冒頭に書いたが
出発までの2週間はなかなかハードだった


長女にはよく昔を懐かしむ老人のようにNYの昔話をしていた

大きな前振りと、突拍子も無いこの母親がまたNYへ行くとか言い出したけど
別に大した問題じゃ無いと言わんばかりに
すんなり受け入れてくれた

むしろあっちのシンプソンズのグッズを大量に買ってきてほしいと嬉しそうに言った



次女には神経を使った
どうすればママのいない1週間を受け入れてくれるか作戦を練った

彼女は私の言うことよりも人形を通して話しかけたり、架空の人物からのお告げが一番効き目がある

私の言うことは聞かないのに、人形の言うことは聞くのだ

時期も時期なので
サンタクロースにプレゼントの手紙を渡すために
冒険へ出ると説明した

すると早速手紙を書き始めた

次の日「お願いね」と手紙をしっかりと渡された
よかった。受け入れてくれたのか。
もしかしたら我慢しているのかもしれないけど
ママのいない間に三女の世話をすることを覚え
三女にもうプロレス技をかけるのをやめてほしい

そんなママの勝手な願いを込めて、どれどれと手紙を開けた

次女はまだ文字が書けない

なので長女の文字でこう書かれていた
「プリキュアDXがほしい」

アメリカで買ってくることはできないが、あくまで手紙を渡しに行くのが目的だ

ママ渡してくるからね!


からくりを理解している中1の長女もちゃっかり手紙をよこした

「シンプソンズのグッズが山盛りほしい」

こずるく次女と一緒になって手紙にしたためるあたりがにくいじゃないか
了解!

そして二人は食事もお風呂も着替えも自分でできるので
一人で子供の面倒を見る!と豪語したパパの手を煩わせることはあまりないだろう


問題は三女だ
夜泣きは1回。ミルクを飲ませなければならない

他に食事オムツお風呂着替え大量の保育園の準備ぐずり1日数回の検温。数え切れないお世話が必要だ

しかも
NY行きを決めたあたりから体調が悪い

保育園に度々呼び出されたり、お熱で登園できなかったり、最終的には1週間前に肺炎にかかった

入院までは至らなかったが、自宅療養を宣告され、これは計画続行不可能だろうと
半ば諦めていた

仮に治ったとしても、もし旅行中にぶり返して入院、挙げ句の果てに。。。。。なんてことがあったら

旅行と彼女の具合を天秤にかけることは母親として疑問だった

こんな母親でいいのか、回復がどうなるかはわからないけど
現時点ですぐにキャンセルするべきではないのか?

肺炎にしてしまった自分と
まだキャンセルを決めない自分を責めた

毎日変化する容態を主人と相談し、ギリギリまで待ってみようという結論に至った

幸い渡米2日前には随分回復して、渡米日から保育園の通園もOKをいただいたので
モヤモヤを抱えたまま渡米することとなった


渡米中も毎日、LINE電話で会話をした

三女の状態はどうか?薬は飲めているか?
保育園に毎日いけているか、朝と夕飯は何を食べたか?
長女は家事をしているか?次女は夜中寂しくて泣いてないか?


家族はいたって元気でいつも通りの様子
逆にさみしいのは私の方で
私は一人NYに負けて泣いているでわないか



私の旅の目的は前記事にも書いたが、実はもう一つ温めていた


これは前作「出産ちょこっとブログ」でも全体を通して伝えたい大きなテーマであったが
今回も大きなテーマとして私の心に存在していた




家族4人、しかも11か月の赤ちゃんを残しての
1人旅行

これはどこで誰に話しても驚かれる行動だ

私ももし友人にそんな母親がいたら
根掘り葉掘り話を聞いてみたくなる

出張でも誰かが死んだわけでもない
旅をする決定的な理由があるわけではないのだ


そんな無責任な行動をどうして決めたのか
話を聞きたくなるだろう




母親のタイプや行動は時に非難を浴びる
母親は非難を浴びやすい


これは非常識なのか?世間的にはどうなのか?
という疑問は母なら誰しも経験済みだろう


自分の選択が合っているか?
非常識か?
周りに非難を浴びるか?


明確な「母親のあり方。子育ての仕方。」の教科書が存在するわけでは無い

「母親のあり方。子育ての仕方。」が一筋縄ではいかないのが通説なのに
非難だけは立派に存在する




「非難」
それは一体誰の物差しで?
今までの時代が決めた漠然とした母親像で?


そんな曖昧な世間の目に母親はいつもさらされている



私が子育てに悩むとよく行き着くのが
「人間はなぜ皆同じような時期に同じような壁にぶち当たるのか?」


人類は命をつなげばつなぐほどもっと利口になってもいいのでは?

母親は先人の母親たちに学び、悩まぬ育児をすることができるのでは?

先人の母たちに話を聞いたり、幼少期の自分を思い出し、母親を思い出し
参考にすることはできるはずだ


だが、みながみな同じような時期に同じような悩みを抱える

これは子供たち自身も同じ

きっとそれは「反面教師」という言葉があるように
その教育がいいか悪いかは受ける子供に寄るし、母親にもよる


そして何よりも肝心なのが


人間は誰1人として同じ人間ではない

ということ




全ての過程に同じ教訓を組み込んでも
人間が違うから当てはまるはずがない


ロボットではないのだから


だから皆同じような時期に同じように悩み
苦しむ



「東大生にした凄腕ママ」の本を買いあさり、同じように我が子を育てても
東大に入れるわけではない
子供の元々の能力云々ではなく
他の子に合った教育方法が我が子に当てはまるとは思えない


人間は誰1人として同じ人間はいない



にもかかわらず、世間は一定の母親像から少しでもはみ出すと
白い目で見る



しかも困ったことに、母親同士も監視を行っている
(これはもしかしたら「非難されないように非難する」心理が働くのかもしれない)



私自身、ここにこうして問題発起しているくらいだから
世間の目を気にしているし(本当に気にしない人は話題にすらしない)
活字にしていること自体とても勇気がいる

親があんなブログを書いてるから子供はグレるんだ
なんて言われてしまう日が来るかもしれない




だが、いつまでも世間の目を気にしすぎるがあまり
世間の奴隷になり、一歩を踏み出せずにいるくらいなら
非難されても自分に素直でいた方がいい

子供はいずれ大きくなる

母親は母親であり妻であり自分である

自分の部分を隠しながら子育てをすると
いつの日かいきなり身ぐるみ剥がされる

まず一番先に剥がしに来るのはきっと「我が子」だろう

子供は可愛くもあるが残酷でもある

我が子が壁にぶち当たった時、親が救ってあげられるのは
親の今までの信念と経験だ


その日まで自由に経験を積むべきだし
母親である前に私として人生をもっとふわりと楽しむべきだ




NY

母親の中でも頻繁にNYへ行ったり自由に旅行をしたりして
楽しんでいる人は山のようにいるだろう

NY

私にとってはこの先人生でこんな経験は二度とないかもしれない







心の自由は距離や場所と比例しない



あくまで心の問題なのだ





自由を感じるのは
日常のちょこっとしたことなのかもしれないし
本の中なのかもしれないし
旅なのかもしれないし
2時間だけのバカンスなのかもしれない








固定概念







もし何かに悩んだら
一度壊してみるといい




そこに自由が待っている





私の今回の旅行で少しでも自由を感じてくれたのならば
私も同じようにあなたから自由を感じたい











※出産ちょこっとブログ第1回〜9回まで過去記事にて読めますので
ぜひお時間がありましたら暇つぶしに読んでくださいませ


Instagram lifesize_mika

online shop lifesize.thebase.in



















2017-12-19

【主婦のNYひとり旅行記・第5回】摩天楼の小さな物語

神様は残酷だ。

人ごみが苦手な私に
ブラックフライデーを当てて来なくてももいいじゃないか

いや、朝の時点では意気揚々と死人の出るアメリカ一大セールに
鼻息を荒くしていた私がいた





これは
世の中の雰囲気に流され自分を見失い
根暗な性格が相まったくだらない物語である








ブラックフライデーの前夜、すでに滞在は後半に差し掛かったところで
調子に乗ってホテル併設のスポーツバーにてハンバーガーを食べた

私的にはハンバーガーはかなり調子に乗っている

ハンバーガーが食べたいと思うのは年に1、2度。

ハンバーガーが食べたい気分にはなるんだけど、実際は見ただけでお腹いっぱいになってしまう

しかも
ルールのわからないアメフトを見ながらビール。
さらにビール、カクテル、カクテルで4杯飲んだ


おかげさまでウエイトレスのメキシカンのおばさんに40ドルぼられそうになった
12ドルのカクテルを雑に頼んでいる私を見て馬鹿にしたのだろう




渡航前
コーヒー1杯をカードで支払うアメリカで
現金はチップくらいでしか使わないだろうと
ほとんど持っていなかった

実際あまり使わず、財布には滞在後半では使い切らないほどの現金が残った

ということもあり、手持ちの現金でスポーツバーの支払いをした





が、朝になって財布に10ドルしかない事に気がつく
さすがに10ドルはまずい
日本円で千円弱。


まぁATMでおろすか、円をドルに両替すればいいだろう
(円はまだ現金で持っていた)

すぐさま昨日のスポーツバーに置いてあるATMにクレジットカードを入れて
現金を降ろそうとする


何度やっても現金が出てこない


しかも最後まで進み、「Thank you!」の文字にたどり着いて

も、現金が出てこない


昨日のぼられそうになった事を思い出す

「やべー。このATM詐欺かもしれない」




黒い感情が渦巻く



現時点の問題点が3つ
①今日は最終日ブラックフライデー、買い物したい(焦り)
②現金がない(不安)
③ATMに騙された(疑い)


胸いっぱいに黒い感情が渦巻く




が、
私は大人、このくらいの問題で平常心を失うわけにはいかない
冷静に、冷静に。




【問題①】
問題②と③を解決しつつブラブラと物色しとけばいい
欲しいものがあれば後ほど買いに戻ろう


【問題②】
SOHOへ出て両替所に行けばいい


【問題③】
渡米前にクレジット会社に教えてもらった緊急連絡先に公衆電話から連絡すればいい



そう筋道を立てていざセール会場のSOHOへ向かった

到着
午前10時。すでにお祭り騒ぎ。三社祭状態である



まずは両替所を探す

15年前には至る所に両替所があった。
銀行でも郵便局でも両替が出来たので、何の問題もなくクリアできると思っていたが
全く両替所が見当たらない

SOHOなのに?買い物の街なのに?

気持ちを立て直して同時に公衆電話を探す

15年前には至る所に公衆電話があった。
これだけ携帯電話が普及したので少ないだろうとは思ったが、こちらは案外すぐに見つかった
こ、こ、壊れてる。。。。
4台目、ついに通話できそうな電話にありつくも、かけ方がわからない

お金を入れてもすぐに出てきてしまう

公衆電話もかけられない自分に悲しさを覚える

すぐにスマホで「アメリカ 公衆電話 かけ方」を検索
どうにかトゥルルルル~にありつくもなかなか出ない

すでに街はごった返している
その熱気に包まれ、私の「セールしなきゃ!」心も爆発寸前!


「はいこちらアメックスです」

よかった、つながった。

ATMでのやり取りを伝え、履歴を調べて欲しいと伝えるも
「アメックスではATMによる現金の引き下ろしができませんので大丈夫ですよ。履歴に残っておりません」


なんだよ。


でもよかった。問題③クリアである。




「ちなみに、今SOHOにいるんですが、近くで円をドルに両替できる場所を知りませんか?」

「お待ちください。。。。。。チェイス銀行がチャイナタウンにございますのでそちらで両替が可能なようです」
「そうですか!ありがとうございました!」

チャイナタウンはここから歩いて800m
昼食がてら両替して問題②もクリア。午後からセールに勤しむとするか!

少しホッとしてOPENING CEREMONYTHE NORTH FACENIKEを横目に一旦SOHOを離脱
当時スケーターの子が紹介してくれた元Supremeの店員でAKIRAくん
(今はamっていうブランドをやってるみたい)もさっき見かけたから
戻って話しかけてみよう。
(私のことは微塵も覚えていないだろうが面白ネタを聞けるかもしれないし)

そんな微かなときめきを抱えつつチャイナタウンのチェイス銀行へ


「すみません。両替したいんですけど」

「申し訳ありませんがカスタマーオンリーなんです」

「そうですか。」


おい。話が違うぞ。

面倒くさがられたか?


こうなったら隣の銀行にも聞いてみよう
「すみません。」

「カスタマーオンリーだよ」
「カスタマーだけ」
「カスタマーだけアルヨ」
「カスタマーだけや!お前に食わせるタンメンはねぇ!」




全滅である




そんなこんなで問題②と①をクリアできないまま4時間が経過




何も買ってないのにすでにぐったりである




フォーを食べた後、仕方なくSOHOへ舞い戻る


クレジットカードで買い物することもできたが
問題をクリアしないと気持ち悪い性格と
思考がすでに停止しつつあった私は
現金を両替することだけに固執し
さらには
最終日のNYを半日無駄にしたのではないかと言う気持ちから
鉛のように重たい足と心を引きずり
歩き続けた



SOHOは相変わらずごった返している

馬鹿みたいに買い物しまくっている中国人キッズ(大学生。相当の金持ち)に
白目を向けて歩き続ける


すると
先ほどとは違うチェイス銀行が現れた


「ここがダメだったらもう諦めよう」
(とっくに諦めればよかったんじゃね?)


幽霊のように魂の抜けた私がチェイス銀行の門をたたく


「名愛屁流譜YOU?」もはや英語が漢字に聞こえてきた




顔を上げると
さっきのチャイナタウンとは打って変わって
ジェイミー・フォックス似のスラッと背の高いハンサムな受付係り



「あのー、円をドルに両替ししししし。。。。。」

「カスタマーならできるけど、あなた会員じゃないよね?」

「えぇ私は観光客で会員じゃないの。。。。。。両替できない?」



NONONONO~ゴニョゴニョごにょごにょ(ニコニコ)」




「え?なんて?ちょちょっちょっと待って、翻訳アプリでお願いしてもいい?」


「シュア!」


ジェイミー・フォックス似の彼がグーグル翻訳アプリで英語を打つも、うまくいかない


「じゃあ音声でお願いしてもいい?」

と、マイクをジェイミー・フォックスに向ける

OKと笑顔で快諾。なにやら私のスマホに話しかけている


私には

「オーシット!シット!」

しか聞き取れなかったけど
何度も何度も手こずりながらも日本語に変換してくれた
何だか少し楽しんでいるようにも見えた

納得いく音声認識が入ったようでその翻訳を私に差し出した


「あなたは他の方法でできないことはないでしょう」


「え!本当!」


何だか変な日本語ではあったが、ジェイミー・フォックスが言っていることは理解できた
それから「近くの別の支店で両替できる」とわかり
住所を打ってもらって颯爽と銀行を出た


これで解決!
ありがとう!と強めに握手をして別支店へ向かう



グーグルマップだとここから600m

チェイス銀行と看板もでかでかと出てるだろうし
すぐに見つかるはずだった


これがクリアできれば
残りは問題①のみ。
買い物を楽しむだけだ


時計の針はすでに午後5時に差し掛かり
かれこれ半日以上同じエリアをぐるぐると無駄に歩き続けている


頭の中ではお笑い芸人カミナの「ばかこのー!」が自分自身にこだましている



地図だとこのあたりだろう

こっちかな?

いやあっちのブロックかな?

もしかしてあいつ住所打ち間違えたか?



見当たらない



近所の店員にも場所を聞いたが見事に不親切なやつばかりで
「あっちの方だよ」とか「知らない」とかしか言ってくれない

そりゃそうだよな
37の英語のしゃべれない客じゃないおばさんに
道を教えるほどみんな暇じゃない
しかも今日はブラックフライデーなんだから。


もうだめだ

もう限界だ

もうおしまいだ


もう泣いちゃう

おばちゃんだけど泣いちゃう

年甲斐もなく泣いちゃう

おしっこしたい




もう
両替所は忘れよう


もう彼のことは忘れよう


もうこの恋はおしまいだ
(もはや意味不明)





「攻略しないと気が済まない」
全てはこの性格がいけないのだ


なぜ途中で諦めなかったんだ、何を頑張っているんだ

私は何をしているのだ!バカこのーーーー!!!









看板[両替所]


!!!



偶然にもこんなところに両替所が。


ジーザス!おおジーザス!
神様は私を見捨てなかった
ありがとう神さま仏さまぁぁっぁぁぁ!!!





メキシカンの運営する
パチンコの景品交換所みたいな両替所で
何事もなかったように無事両替完了。


午後6時半










いや待てよ








この両替所ってさぁ
ジェイミー・フォックスが教えてくれてた場所なんじゃないの?

ジェイミー・フォックス、チェイス銀行の別支店を教えてくれてたんじゃなくて
この両替所を教えてくれてたんじゃないの?
(みなさんはとっくにお気づきですよね)



もしかして、ものすごく親切にしてくれたんじゃないの?
人助けしてくれたんじゃないの?
(なんで最初に気がつかないの?)


彼の親切に気がついた私は
彼の元へにダッシュし始めており
私の両目からは大粒の汗が次々と流れてた
(ソフトなストーカー行為)



チェイス銀行に1分くらいで着き
扉を押そうとしたら
別の親切な店員さんがどうぞと開けてくれたけど
「ここでいいんです」と少しだけ扉を開けた状態で
ジェイミー・フォックスを探す

すでに時間は7時近い。就業時間も間もなく終わるのだろう
彼は同僚たちと楽しく談笑していた


彼が私に気がつくと
私はとびきりのビッグスマイルで親指を天高く突き上げた

そして180度近い深々としたお辞儀をしてその場を走り去った



遠くにいた彼の表情は穏やかに笑っているように見えた
実際彼がどう思っていたか本心はわからないが
私はお礼ができたからそれでいいのだ

















今日はブラックフライデー


街は深夜まで賑わっている

今から買い物しても遅くない

と、一瞬考えたが

冷静を取り戻す




買い物はもうやめよう



自分の弱点も欠点もこの1日でよくわかった




そして何より人の優しさに触れるどころか
両手で握りしめることができた






私はこのまま大好きなMoMAへ行かなければ




旅はもう直ぐ終わってしまうというのに
最後の最後に行きたい場所が残っている



今からMoMAへ行かなくちゃ




向かう地下鉄の車内で何度も
ジェイミー・フォックスの親切を思い出して
何度も目から大汗をかいた



クリスマスムードと大セールで賑わうマンハッタン


私の汗に気がつく人は誰もいない








心身ともに極限状態で鑑賞した
MoMAでの感動は計り知れない私の財産となった















バカこのーーー!!!(喜)





















※出産ちょこっとブログ第1回〜9回まで過去記事にて読めますので
ぜひお時間がありましたら暇つぶしに読んでくださいませ


Instagram lifesize_mika

online shop lifesize.thebase.in